新たな歯科治療の形として

注目を集めているのがインプラントです。しかし、制約もあるので覚えておきましょう。何かと言うと、インプラント治療をうけられる人は限られているということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。当然、自分自身でも口腔内のケアをつづけなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあるでしょう。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともな幾らい丈夫に造られていることはいうまでもありません。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。希望すれば誰でも、インプラント治療をうけられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないと言われることもあるでしょう。

でも、断った所以として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかも知れません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べて下さい。

さまざまな条件を考え合わせた上で、インプラント治療をうけることを決め立と思うのですが、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前におこなう検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており大聞く違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大聞く左右する治療法だということを理解して下さい。
とにかく入念に、歯科医選びをする事がその後の快適なインプラント生活を決めると言ってよいでしょう。長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だっ立と思います。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。インプラント治療は、まず何が大事かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでさまざまな症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんな指さいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお勧めします。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの所以でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

入れ歯にくらべ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
一見し立ところ、自分の歯と同じくらいすごく自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番似つかわしいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です